これは、家族と血を書いた物語だ。「楽園」宮部みゆき・著
170719_s.jpg

高校生の頃から大好きな作家の一人である宮部みゆきさんの小説を、久しぶりに読みました。
わたしが「この作家が好きである」と胸を張って言える作家は宮部みゆきさんと吉本ばななさんです。

しかし、どちらの作品も、ここ何年も読んでいませんでした。
最後に読んだ宮部みゆきさんの作品は「R.P.G.」だったのではないかと思います。

10年近くぶりに作品を拝読しましたが、やはりわたしは彼女の書くものが好きだと思いました。
彼女の書く事件はいつもやりきれない切ないものばかりなのに、読後は必ずすっきりするのです。

(といってもわたしは全作品を読んだ訳ではないので、すっきりしないものもあるかも知れません)

どんなことが起きても、途中で捻じ曲がって破壊されそうになったとしても、
心根を曲げずに生きてきた人の人生は大丈夫。人を思いやれる人は大丈夫。
そう言われている気分になります。

今回の「楽園」もそんなお話です。

そしてこれは、家族の……いえ、「血の物語」だと思いました。
血というのは、血族とか血筋とか、そういった意味の“血”です。
 
 

デザイナー&クライアント必読!「なるほどデザイン」筒井美希 著
170620_s.jpg

フリーランスイラストレーター&デザイナーとして仕事を請け負い始めて、6年になります。
しかし、一向に自分の“デザイナー”としての自信がつかない。

デザイン書をたくさん読んで、知識をつけるべきかな〜と悩んでいた時…
広島旅行の途中で、この「なるほどデザイン」を見つけました。

いざページをめくってみたら、「な、なるほど〜!」の嵐。
そして読み終わって芽生えたのは、

「もっとデザインがやりたい!」というワクワクした意欲。
「わたしは自分の事をデザイナーと名乗ってもいいんだ!」という自信。

そして「もっとこの本を必要としている人に読んでもらいたい!」という気持ちでした。

いまいち自信の持てないデザイナーさんに、同じ気持ちを体験してもらいたい。
そして出来ればクライアントさんにも読んで欲しいな〜と思いつつ、この本をご紹介します。
 
 

フリーランスあるあるすぎる…!コンドウアキ著「フリーな2人」を再読して
170614_s.jpg

昨日「何年ぶり…?」というくらい久しぶりに、複数の女性と“女子会”をしたのですが、
異様に興奮して調子に乗って飲み過ぎてしまいまして。

「フリーランスの人がたまに人が沢山いる場所に行くと、テンションがうなぎのぼりになる」

っていうの、どっかで読んだな…? と思ったら、
コンドウアキさん(リラックマの作者さん)の本でした。

ということで本日ご紹介しますのは、フリーランスの人はぜひとも読んでもらいたい
「フリーな2人(コンドウアキ・著)」です。
(内容はコミックエッセイです)
 
コンドウ アキ
ソニーマガジンズ
(2006-02)


親子も“作る人”も読むべし!やなせたかし著「わたしが正義について語るなら」
170605_01s.jpg

国民的アニメ「アンパンマン」の生みの親、やなせたかし先生。
あなたは、彼が何歳の頃にアンパンマンを生み出したのかご存知でしょうか。

本書によれば、アンパンマンが誕生したのはやなせ先生50歳過ぎのころ。
そしてキャラクターデザインに目覚めたのは40代からだそうです。

どうも最近、日本は
“若いうちに才能を開花させること”や“天賦の才”
のみに価値を置いており、それゆえに苦しんでいる人も多い気がします。
(これを書いているわたしもその一人です)

この本の想定する読者…子ども達、そして子育て中の親御さんに勿論ふさわしい本だと思います。
が、わたしは「作る人」たちにもぜひ読んでほしいと思いました。

正義と悪とは何なのか。
若くなくては、才能がなくてはダメなのか。

そういう悩みに、やなせ先生のふわっとした語り口で答えてもらえるような本です。
 

仕事がつらい・楽しく仕事したい人へ「仕事は楽しいかね?」デイル・ドーテン著
仕事は楽しいかね?

昨年、飲食店とデザイナーとアクセサリー作家を兼業していた時。
体を壊すほど働いているのに、集客も伸びず思うような売上が出ず…
完全に仕事に行き詰まっていました。

そんなときに出会ったのが、この本。
【仕事は楽しいかね?(デイル・ドーテン著/野津智子 訳)】
です。

当時は本を買いに行く精神的な余裕も金銭的な余裕もなく、
藁にもすがる思いでKindle Unlimitedの無料体験で読みました。
(iPhoneでKindleが読めるとその時初めて知った。専用端末じゃないと読めないと思ってた)

「わたしは間違っているのか?」
「毎日つらくて苦しい。仕事を楽しむなんて本当にできるのか?」
そんな不安でいっぱいでしたが、読み終わった後にホッとしたのを今でも覚えています。

もし今、あなたが仕事に行き詰まってこのページを開いたのなら。

あの時のわたしのように、ホッとしてくれたら嬉しいなと思いながら、この本をご紹介します。

(今回から、本に関連したイラストを自分で描くことにしました。
 ただし、表紙のイメージと必ずしも一致しません。)
 
続きを読む >>

| 1/9PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 【相談したい方へ】わたしは境界性パーソナリティ障害を患っていた、ただの一般人です。
    ともえ (11/05)
  • 【相談したい方へ】わたしは境界性パーソナリティ障害を患っていた、ただの一般人です。
    とっちゃん (11/02)
  • フリーランスは「んっ?」と思わせてナンボ 〜名刺・キャッチコピー編〜
    巴(ともえ) (09/25)
  • クリエイターさん、その値段を「高い」と言われても気にしなくてOKです。
    巴(ともえ) (09/25)
  • 「何かイベントごとがある時に限って色々かぶって慌ただしくなる」時の対処法
    巴(ともえ) (09/25)
  • フリーランスは「んっ?」と思わせてナンボ 〜名刺・キャッチコピー編〜
    にゃんシロウ (09/17)
  • クリエイターさん、その値段を「高い」と言われても気にしなくてOKです。
    そると (09/15)
  • 「何かイベントごとがある時に限って色々かぶって慌ただしくなる」時の対処法
    ちょ (09/15)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。116「しにかけた・1」
    ともえ (08/19)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。116「しにかけた・1」
    あまり (08/17)

SNS

links

search this site.

blog ranking

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM