自分は何も成長してない?不安になったら昔の自分を見ること
170611

「自分は、以前と何も変わっていないのでは?」
「ぜんぜん何も成長してないんじゃ?」

わたしは結構ひんぱんに、こういうことを考えて悩みます。
実を言うと今日も考えていました。

こういう考えに陥ってしまうと、次に出てくるのが

「今がんばっていることも、どうせ無駄になるのでは…」
「自分は結局、何をやってもダメなのでは…」

という考え。
こいつが出てくると、心の底からやる気がなくなります。
今日もお陰で半日くらいぼーっとしてました。

どうにもこうにもやる気が出なくて困り果てていたのですが、克服する方法を見つけました。
それは、“昔の自分を見ること”。
 

彼女や妻が境界性パーソナリティ障害だった時の対策・対応
彼女や妻が境界性パーソナリティ障害だったら

彼女(妻)の感情の起伏が異常に激しい。
自分を傷めつけるような行動をしたり、「死にたい」と騒いだりする…

おかしいと思って調べてみたら、「境界性パーソナリティー(人格)障害」という精神疾患だった。
そんな方が、この記事に辿り着いているのではと思います。

この病気はまだまだ一般化していないので、
「それは分かったけど、どう対応すればいいの?」と悩んでいる人が非常に多い印象を受けます。

当ブログは「境界性パーソナリティ 彼女」「境界性パーソナリティー 別れる方法」
などの当事者以外による検索流入が多いようですので、
今回は当事者ではなく対応している彼氏・夫のための対策を書きたいと思います。

※当事者の方は以下の過去記事をご覧ください。
境界性人格障害について調べてみました
境界性パーソナリティ障害を本気で治したいと考えた結果

※参考までに…
 わたしは境界性パーソナリティ障害歴だいたい20年くらいの30代女性です。
 (正式な診断は3年前にメンタルクリニックでされました。疑いは10代から)
 この記事では現在のパートナーにして貰って実際に症状が落ち着いたことも書いています。
 

【こころの悩み】わたしのブログには「どうでもいいこと」しか書かれていない−「今」の人生に「過去」は関係ないという話
Twitterアイコンに使用している画像

ここのところ「文章力をつけたい!」と思って色々な本を読んでいるのですが、
昨日いま話題の
【嫌われる勇気−自己啓発の源流「アドラー」の教え(岸見一郎・古賀史健 著)】
を購入し、半日弱で読み終わりました。

この本そのものについての文章はまた別で書くとして、この本を読んで
「そうだったのか!」
と思ったことをこの記事ではまとめていこうと思います。

読みながら色々と考え、最終的に至った結論。
それは「わたしのブログには『どうでもいいこと』しか書かれていない」ということでした。
 

【こころの悩み】「母親の意見は絶対」という価値観から「50代女性1名の聞いても聞かなくてもいい意見」に変わった話
母の意見

「母の言う事は絶対」だと思っていた。
【この記事にも似たような事を書いている】けれども。

詳細は省くが、「母はわたしを置いて家を出て行った」ことがある。
(祖父母や叔父夫婦がわたしの面倒を見てくれたので放置ではない)

もう20年くらい前になるので明確な時期が曖昧になってきているが、
小学校低学年(1年生か3年生かが曖昧)から中学2年生までの間だった。
(※完全に消息不明だった訳ではなく、週1〜2回はわたしの様子を見に来ていたと記憶している)

「母親の喜ぶ事をしないと母は二度とわたしの所へ戻って来なくなるんじゃないか」
「母親の言う通りにしないともう二度と一緒に住んでくれないんじゃないか」
という不安があった。

なので「母親の言う事は絶対」という認識が無意識に植え付けられた気がする。
それは成人になっても続いた。

今日は、その「絶対的だった母親の意見」をふと
「聞いても聞かなくてもいい50代女性1名の意見」として受け取る事ができた、という話をしたい。
 

【こころの悩み】“お金を稼げなくても愛される人間になりたかった”−−「子どもの頃」に愛情を注ぐことの重要さを考える
「子どもの頃」に愛情を注ぐ事の重要さを考える

いつからか、
「趣味でハンドメイド作家やってます(旦那が生活費を稼いでくれるので)」
とか
「自分のやりたい事で起業しました(親が金持ちなので)」
みたいな人を「大嫌いだ」と思うようになっていた。

単純にそういう人たちの性格がいけ好かないからだと思っていたのだが、
「自分もそうなりたかった(もっと楽な人生を歩みたかった)」
「お金を稼げなくても好かれたり、愛される人になりたかった」
からだったのかも知れない、と今日初めて気づいた。

わたしは「お金が稼げなくても、あなたのことが大事だし、好きだよ」と言ってもらいたかった。
親や、家族に。
 
続きを読む >>

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。93「わかれのきき・8」
    ともえ (06/21)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。93「わかれのきき・8」
    tala (06/21)
  • 【特定不能の摂食障害】気を抜けば拒食や過食や味覚障害に陥る自分がごはんに拘る理由
    ともえ (06/18)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。91「わかれのきき・6」
    ともえ (06/18)
  • プロフィールに境界性人格障害(パーソナリティ障害)と書かない理由
    ともえ (06/18)
  • 【特定不能の摂食障害】気を抜けば拒食や過食や味覚障害に陥る自分がごはんに拘る理由
    アルミ (06/18)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。91「わかれのきき・6」
    tala (06/18)
  • プロフィールに境界性人格障害(パーソナリティ障害)と書かない理由
    にこちゃん (06/18)
  • 【ネコトバ。387】今ここで努力できない人はどこ行っても同じ −−田舎を言い訳にはできない
    ともえ (05/04)
  • 【ネコトバ。389】みんなに好かれなくてもいい、ってのはわざわざ嫌われろってことじゃない(11周年企画告知あり!)
    ともえ (05/04)

shop/site

【巴李古-palico.-】

【ネコトバ。】

SNS

blog ranking

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM