自分を蔑ろにしてるのは自分、自分を大事にできるのも自分。


ついに、寝ても覚めても熱が36.5℃から下がらなくなりました。
帰国直後は、35.8〜37℃の間を行ったり来たりしてたのに。

いきなり平熱が35.5℃から
1℃も上がる訳はないと思うので、

「ああ、いよいよ自家治療じゃ治らないとこまで来たのかなあ」

と思います。
悪化はしてないけど、良くもならない。

意地を張らないでさっさと病院に行けば良かったと思いました。

人から
「36℃台の熱で病院なんか行って」
「大したことないくせに、大げさだね」

って、なぜか言われたり思われたりする
気がしていたけど

自分に一番そう言ってるのは自分でした。

仮に世間にとっては
「たった36.5℃の熱」だとしても
自分にとっては「いつもより1℃高い」だし
「平熱36℃の人が37℃の状態で我慢し続けてる」
状態なんですよねえ。

病院行けよ、って話。
 

全てを自分のせいにしている人も全てを他人のせいにしている人も、いずれ死ぬ
180202_01s.jpg

時々、何かの拍子に“全てを他人(肉親・血族も含む)のせいにしている人”を見かけます。
よくそんなに人のせいばかりにしていて平気だなあ、と思って感心します。
あなたの人生は、(始まりはいろいろあったとしても)最終的にあなたの責任でしょ。

しかしかつての自分も、自分の不遇はすべて他人のせいだと思ってたんですよねえ。
口では「どうせわたしが全部悪い」と言っていましたが、蓋を開ければわたしの脳内は
“わたしは悪くない、あいつらがすべて悪い”で埋め尽くされていました。

なんやかんやあって、自分で自分の責任を取るのが好きになりました。
これはもはや趣味の域です。というか、性癖に近いです。
自分が犯した失敗で誰か他人が謝ったり、誰かの評価が下がったりするのが嫌で嫌でたまりません。

自分で自分の責任が取れると、ものすごく安心します。
だから昨日の記事に書いたように、
「自分のミスのために、自分でお詫びの電話をする」とか最高に安心します。
(電話する直前は最高に緊張するけど)

その電話を「私が代わりに謝っておくね」とか言われたりしたら、もうすげー嫌です。
だから、自分の責任を自分で取らせてくれる会社と関われて、良かったなあと思っています。

「自分で自分の責任を取ろうとしている人」
を世の中はよく“偉い”と言いますが、これはわたしの性癖なので、エラくも何ともないわけです。
SMを好きな人がSMクラブに行くのと同じことです。

と、いう風に考えていると、
「全てを他人のせいにしている人」
もまた、その人の性癖でそうなってるんだなあ、と思えます。
SMを好きな人がSMクラブに行くのと同じことです。(大事なことなので2回言いました)
 

ダメな自分を直せない自分をダメだと思うな!責めるな!ダメでもええんじゃ!
180201_01s.jpg

どうも、仕事でおしっこちびりそう(な気分)になったわたしです。
そんなおしっこちびりそうなわたしも、今年で35歳です。

昨年12月28日の記事で「会社員と個人事業主の二重生活みたいなのしてるよ☆」と書きましたが、
今も何とかその生活は続いております。

仕事は面白いし、毎日いろんなイラスト描かせていただけるし、
一緒に働いているスタッフさんは優しかったり頼り甲斐があったりしてすごくいいのですが、

企業的な〆切がしんどい。
「○月○日何時まで」と、きっちり時間が決まっている〆切が。

そもそもわたしの手が遅いのが悪いんですが、全然間に合わんのです。
いや、間に合っている仕事もちゃんとあるんですけども…。

ここ最近で2回ほど

「事前にお知らせしていた提出時間を1時間過ぎてしまい、お詫びの電話をする」

という事態になりました。
(でも2回ともお電話の相手がすごく物腰の柔らかい方で良かったです…)
 

わたしは一体いつから「死にたい」とか「将来が不安だ」とか思わなくなったのだろう
180124_01s.jpg

今日、ものすごくふと思ったこと。

“わたしは一体いつから、「死にたい」とか「将来が不安だ」とか思わなくなったのだろう。”

気づいたらもう、しばらく考えてないのです。
 

あなたは一体何と戦っているんですか?
180121_01s.jpg

このセリフ(表題)は過去の自分に向けて言った言葉です。
かつてのわたしは、常に何かと戦っているというか、"常勝(していなければならない)"と思っている人間でした。海南高校でしょうか。

現在の自分は白旗を振ることを覚えたので、
無闇やたらに戦いを挑んだり、売られた喧嘩を片っ端から買う事はなくなりました。

しかし自分が戦場から離れると、「戦っている人」にめちゃくちゃ気づくようになるんですね。
以前は「自分だけが戦っている!」と思っていたのに。

"戦う"というと激しいイメージですが、別に物理的な戦いのことだけではありません。
「精神的に勝とうとしている(優位に立とうとしている)」という言い方の方がしっくり来ますかね。

口で勝とうとしてるとか、威圧感で抑えつけてるとか、相手に反論を許さないとか。
 
続きを読む >>

| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 心の悩みや自信のなさを抱えるクリエイターや職人を支援する事業をやりたい
    ともえ (02/02)
  • 心の悩みや自信のなさを抱えるクリエイターや職人を支援する事業をやりたい
    難波美紀子 (01/31)
  • 楽しくなければ仕事じゃない/苦しくなければ仕事じゃない、とか超どうでもいい
    ともえ (01/14)
  • 楽しくなければ仕事じゃない/苦しくなければ仕事じゃない、とか超どうでもいい
    コルパル (01/14)
  • 彼女もまた、うだつのあがらぬ島根で過ごしていたという感慨深さ(ブルゾンさんの話)
    ともえ (01/10)
  • かさこ講義をその辺の詐欺セミナーと同じだと思うと損をする
    ともえ (01/10)
  • 自分を大事にできない人が自分を大事にできるようになる方法
    ともえ (01/10)
  • 【自営/ハンドメイド】不思議な客にイーッとなっていたら素敵なブログに出会えた話
    ともえ (01/10)
  • 彼女もまた、うだつのあがらぬ島根で過ごしていたという感慨深さ(ブルゾンさんの話)
    あっきー (12/21)
  • かさこ講義をその辺の詐欺セミナーと同じだと思うと損をする
    あおい (12/09)

SNS

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM