←prev entry Top next entry→
当ブログ及びウェブサイト内に限る画像全般の利用規約・ガイドライン
ネコトバ。等、ともえが描いた画像全般の利用方法について

わたしが今まで描いてきた作品、
ネット上で公開している画像全般を基本「転載OK」とすることにしました。
(個人に限ります。企業/法人の方はご一報ください)

ですが、何をやってもいい訳ではありませんので、利用規約/ガイドラインを設けます。

・イラストを使う際にやってはいけない事

・こういう風にイラストを使うならOKという事


を箇条書きしておりますので、画像利用前にご覧下さい。


※この記事に掲載しているのは「わたしのブログとサイトに限るルール」ですので、
一般的な「著作権」「無断転載」「個人利用」について知りたい方は一つ前の記事をご覧ください。
【「何が無断転載でダメか分からない!」ネットの画像「個人利用」についてのまとめ】

※規約内で自由にご利用いただいて構いませんが、著作権は放棄しておりません。
 
●ダメゼッタイ

×業務で制作した(お客様からご依頼頂いた)イラスト・画像を利用すること
(わたしが個人的に描いたイラストのみにして下さい)

×「画像そのもの」を印刷して販売すること/データ販売すること(ダウンロード・素材集に収録など)
 また、何らかの雑貨や製品(ハンカチ・きんちゃく・ジグソーパズル…等々)に印刷して販売すること

×非営利での画像再配布(無料素材サイトでわたしのイラストを素材として配布するなど)

×画像加工により故意に作者サインやコピーライト表記を消すこと

(サイズ規定により切れてしまうのは構いません)

×公序良俗に反する内容や違反サイト・違反取引行為等での使用

×画像の直リンク
(必ずダウンロードしてお使い下さい)

×その他、作者のともえが不適切と判断した利用方法

※商品化については【メールフォーム】にてお問合せ下さい。


●いいよー!

◎パソコンや携帯端末(スマートフォン、携帯電話、タブレットなど)の背景(待受)画像の使用

◎個人で楽しむためのパソコンや携帯端末への保存

◎個人で楽しむための印刷

◎SNSでのアイコン・カバー画像への使用

◎ブログ記事やサイトコンテンツ内への転載


※アイコンやヘッダー画像にはまるサイズへの加工依頼・文字消しなどの加工依頼はお受けいたしません。

※商用ブログ・サイト/まとめサイトでご利用の際は使用前にご一報ください。
※商用サイトのデザイン業務も承っております(イラスト制作もします)。
 当方デザイナーも兼業しておりますので、まずはお問い合わせ・お見積もりを。


●印刷物(チラシやポスターなど)に使いたい方へ

チラシ・ポスターや、個人利用に限り布や雑貨などへ印刷も可能ですが、
ネット上で公開している画像は基本的に「印刷に耐えられる解像度・サイズ」ではありません。ご了承ください。

キレイに印刷したい場合は、印刷用サイズを購入していただく形になります。
※元画像は大きいサイズや高解像度で制作している物もあるので、ご相談ください。
※その場合「制作費」は頂かず、「印刷用データ納品代」のみ頂きます。

★チラシやポスター用のカット(イラスト)、全体のデザインご依頼も承っております。
 グッズデザイン、グッズ用イラストの制作も承ります。
※現物納品/データ納品(.psdや.aiなど)が可能です。当方デザイナーなので以下略。


●やってくれたらうれしいな

◎Web拍手、メールフォーム、ブログコメントなどでの使用報告くださること
(個人利用は任意報告なので、無言で使用されても構いません。教えて頂けたらうれしいです)

◎当ブログやサイトのURLのリンクを一緒に張っていただけたらうれしいです。

ブログ:http://nekotoba.jugem.jp/

サイトトップ:http://palico.chu.jp/

◎Twitterの場合は【@palicosp】を記載していただけたらうれしいです。


・・・・・

●二次創作ガイドライン

したい方がいるとは思えませんが、念のため。

◎「ネコトバ。」等ともえの作品に出てくるキャラクターを自分の絵で描くこと
ご自分の画風で描かれるのであればOKです。「わたしがオリジナルです!」と言わなければ。
本物に見えるようなトレースはおやめ下さい。

◎ともえの作品に出てくるキャラクターでマスコットを作ること
羊毛フェルトや編みぐるみなど、ご自由に作っていただいて構いません。

◎それらを販売すること
市販品と同じラインで販売されなければ大体OKです。
手作りイベントやフリーマーケットや同人誌即売会など。
気になる方は念のためお問い合わせ下さい。

作った作品をご報告いただいた場合、気まぐれにブログ等でご紹介するかもしれません。

・・・・・


●まとめ

これはわたくし「ともえ」名義の作品(「ネコトバ。」等)のみに適用されるルールです。
他のイラストレーターさんやカメラマンさんなどにはそれぞれ独自のルールがございます。

「ともえさんがいいって言ったから他の人もいいんだ」という考えはおやめ下さいね!
みんな十人十色。


<免責事項>
・わたしの制作したイラスト・画像を使用したことにより生じた損害やトラブルに対しての責任は負いません。
・イラストや画像の著作権を放棄はしていません。許諾するのは利用に関する権利のみです。


* * * * *

●ここに至った経緯について(長文です)

長いことネット上で作品を公開しつづけて来ましたが、
「利用について」は今回初めて本格的にまとめました。

しかも自分にしてはずいぶんと門戸を広げております。

「業務として制作した物以外のイラスト(画像)はネット上ならどこに転載してもOK」
(報告も任意)ですからね。個人に限りますが。

わたしは自分が写真を撮るのも好きだし絵を描くのも好きなので、正直言って
「他人の撮った写真や他人の描いたイラストを自分のSNSなどに使用して(自己表現して)何が面白いんだ」
と思っていました。

だから勝手にアイコンに使用されたり記事に転載されるのをあまり良く思っていませんでした。
かといって、「勝手に使うな!」と注意しに行くほどの怒りもありませんでした。
自分の作品にそこまでの執着がなかったのです。

ただ、それをおおっぴらに言うと
「無断転載、撲滅!」
という人たちに目をつけられそうだな、と思って黙っていました。

自分のイラストでお金をもらうようになって、無断転載をしている人を憎らしく思ったことがあるのも確かです。
貧乏だったので、お金が欲しかったのです。
「金も払わないで、なに勝手に使ってんの?」と苛立っていました。

「わたしのイラストを無断転載する人が増え続けたらわたしの仕事はなくなってしまうのではないか」
という恐怖も生まれました。


そんな中で一番自分の意識を変えるきっかけになったのは、以下のインタビューだったように思います。

【『サザエBot』なかのひとよインタビュー「The World is You:世界はあなた」】

この記事を読んでいるあなたは、2010年にTwitter上で生まれた
「サザエBot」というアカウントをご存知でしょうか。
名言っぽいツイートや面白いツイートをサザエさんの口調で呟くというBotアカウントでした。
(わたしも一時期フォローしていました)

2014年、サザエBotの中の人として「なかの ひとよ」という存在が現れました。
自称、2061年からやってきた未来人。それ以外の正体は不明。
「ちょっとヤバい人かもしれん」と思いながら、わたしは遠巻きに見ており、そのうち注目しなくなりました。

その後しばらくどうなったのか知らなかったのですが、いつの間にかサザエBotは
「匿名ツイートを拡散するプラットフォーム」になっていたようです。

つまり「サザエBot」はフォロワーを沢山集めるためのただの「箱」に過ぎず、
充分な量のフォロワーを得た今、その「箱」は
「特定の作者」ではなく
「匿名の大多数の人」が
20万人へ自分の声を届けることができるツールと化している。

上記にリンクを張ったインタビューの中のこの言葉が目を引きました。

作品が個人の作者に属するというのはずっと続いてきたアーティストとアートの関係です。でも『サザエBot』は逆で、『サザエBot』という道具(作品)があって、そこから生まれた人格が「なかのひとよ」なのです。

「なかのひとよ」は誰でもなく、誰でもいい。

今ネット上で作品を公開している人のほとんどが、
「作品」と強固なつながりを持った(持とうとしている)「作者」であると思います。
もちろんわたしもそのうちの一人です。

だけどこの発言を読んで、「わたしはわたしの作品をもっと自由にしてもいいのではないか」と思いました。

そもそもわたしは自分の作品に執着がない人間です。
(執着を持っていないと、この業界にある常識の中で生きていけないと思い込んでいただけです)

自分が作った時の解釈と違う解釈で、誰かが作品を見ようと、別にどうでもいい。
どうでもいいと言うと言葉が悪いでしょうか。
「そういう意味じゃねーんだよ!」と怒る気にならない、ということです。

わたしの作品はわたしの手を離れた時点ですでにわたしのものではありません。
むしろ見た人がそれぞれ違う解釈をした方が面白いじゃないか、と思っています。


「ネコトバ。」が最たるものですが、わたしの作品は「絵」というよりは「思想」だと思っています。
「思想」に作者(発言者)との強烈なつながりは必要ありません。

わたしと生まれも育ちも全く違う
(あるいは何かが同じ)人たちが、心に引っかかった作品(思念)を転載して拡散する。

作品の中に「ともえ」とサインはありますが、その言葉・思念は
「転載して拡散したその人のものでもある」のです。
基本的に「良い」と思って転載・拡散するわけなので。

もちろん「何だよこれ、むかつく」と思ってシェア/リツイートされる場合もありますが、
「自分がどうでもいいと思っているもの」に人は反応しません。
わたしは「むかつく」「嫌いになりました」という人たちがなぜそういう反応をするのかにも興味があります。

作品という形をした「思念」が大量に広がったあと、ほとんどの人は
「作者が誰なのか」を気にしなくなると予想します。
わたしの知らないところでもわたしの思念が増殖していくのは、面白いことだなあと思いました。


今回「法人/企業など商用目的での無断使用は認めない」としたのは、
そうした「思想の増殖」ができるだけ「無利益」の中で起こってほしいなあ、と思ったからです。

今の時点ですでに、「ともえ」にまったく興味のなかった人から
「この白黒の猫、見たことある!」と時々言われるのですが、もっとそれが増えてほしい。

誰が、どんな人が描いたのか知らないけど、この白黒の猫は見たことがある。
それがわたしの目指すところかも知れません。


※ちなみにそんなことを言いながらわたしが画像内にサインやコピーライトを入れるのは、
自分がとある絵に対して
「この絵の作者は誰だろう?」
と気になったとき、絵の中に何の手がかりも無くて探すのがめちゃくちゃ大変だったからです。
「誰か」が同じことを思わないように、という願いを込めて入れております。


* * * * *

とはいえ霞を食って生きている訳ではないので、ある程度の収入は必要です。

「個人の方は好きに画像を使っていいですよ」
と開けっぴろげにして、ただでさえ少ない収入がさらに減るのでは? と心配はしました。
「アイコン・カバー画像制作を承ります」というオーダーコンテンツを作ったばかりなのに。

ただその心配は、なかのひとよさんのインタビューを読む前に
「ブラックジャックによろしく」作者である佐藤秀峰さんの試みを見ていたので、あまりなかったですね。

一つ前の記事にも載せましたが、再掲します。
【「ブラックジャックによろしく」二次利用フリー化1年後報告 前編】

自分の代表作品を全部丸ごとフリー化して破産していない作家さんがいるのだから、大丈夫だろうと思いました。

「有名作品と自分の無名作品を比べてんじゃねーよ!」という脳内罵倒も聞こえますが、無視します。


今日までの所でわたしにイラストを依頼してくださる方々を見ていて気づいたのは、
みなさん「自分だけのもの」が欲しくてオーダーしてるのだなあ、ということです。

自分だけのもの、自分の好みのもの、理想のサイズのイラストが欲しくて、お金を払っている。
「わがまま代」みたいなものでしょうか。
(悪い意味の「わがまま」ではありません)

「自分なりの」でなくてもいい人はわたしの過去作品から好きなものを見つけ、SNSで使うでしょう。
それはそれで良いことだと思います。
先ほど書いた「無利益の中で起きる思想の拡散」ですので。

だけどそこに「自分」を出したい人がきっといる。
「わがまま代」というより、「自分代」と言った方がいいでしょうか?

「自分代」を払い、イラストを依頼する方もきっといる。必ずいる。
そして「無利益の中で起きる拡散」が増えれば増えるほど、そちら側の人たちも増えるような気がしています。

というわけでわたしは貧困で潰れるということはないと思いました。


* * * * *

この試みがどうなるのか。何をもたらして何を失うのか。
いつか商用サイドにもすべて門戸を広げるのか。
「無利益の中の拡散」だけを選ぶのか。

先が、楽しみです。


ごきげんよう、さようなら。


◆◆ともえの活動&企画◆◆

【無料セルフマガジン「ぱりこれ。」配布中】

【ネコトバ。出雲弁LINEスタンプ販売中】

【ネコトバ。カレンダー毎月値下げ企画】

【ネコトバ。イラスト集発売中】


◆SNSもフォローしてみて下さい◆

【Twitter @palicosp】

【Facebook(ともえ個人)】

基本的に申請承認/フォロー返ししています(例外あり)。
よろしくお願いします。


* * * * *
ブログ応援もよろしくお願いします。
人気ブログランキング

にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ


*何かご意見ご感想などございましたら。(携帯対応)
【web拍手を送る】
【メールフォーム】※SSL対応

フォームからの返信は基本基本3〜4日以内に行っていますので、
いつまで経っても返信が来ない!という場合は、
こちらに届いてないか、
私が送ったメールが迷惑メールフォルダに入っている可能性があります。

返事が返って来ない時は、
まず迷惑メールフォルダをチェックしてみて下さいね!



★2通目以降の返信は3日以上かかる場合もあります。


JUGEMテーマ:illustration




コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。116「しにかけた・1」
    あまり (08/17)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。109「うでどけい」
    ともえ (08/04)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。51「ちょうはつ」
    ともえ (08/04)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。109「うでどけい」
    通りすがり (08/03)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。51「ちょうはつ」
    通りすがり (08/03)
  • 【島根/松江】誕生祝いランチでイングリッシュガーデン内LAUTに行ってきました
    ともえ (07/27)
  • 【島根/松江】誕生祝いランチでイングリッシュガーデン内LAUTに行ってきました
    tala (07/22)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。100「わかれのきき・15」
    ともえ (07/13)
  • ナガワ島根営業所での出店、無事終了&動物保護団体PONTさんご紹介
    ともえ (07/13)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。100「わかれのきき・15」
    mariko (07/11)

shop/site

【巴李古-palico.-】

【ネコトバ。】

SNS

blog ranking

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM