←prev entry Top next entry→
【紹介File No.002】異界絵師って何!?緋呂さんオンライントークセッション
170810_01s.jpg

去る7月25日、異界絵師 緋呂さんとオンライントークセッションしてきました。

もう、この1行だけで
「異界絵師って何!?」
「オンライントークセッションって何!?」
ってなってる方がいらっしゃると思いますが、大丈夫です、わたしも初めそうなりました。

「オンライントーク」とは、ネット上の通話機能を使用してお話することです。
(セッションは緋呂さんがそう呼んでいたのでそのまま書きました)
要するに、部屋から一歩も出ずにノーテーマでおしゃべりしただけです。笑

最初に緋呂さんの存在を知った時は、正直
「異界絵師ってなんだろう…怖い人かな…」と思っていました。

がしかし、電話口に出てこられた方は、ものすごく穏やかな声をした女性でした。

170810_02.jpg

※記事トップの絵は、 わたしが緋呂さんのアイコン(上の写真)が好きなので半模写したものです。
 お会いした事がないので実際にお話ししたイメージで、顔の表情を描いてみました。
(穏やかに見えるけどそれだけじゃないぞ、みたいなイメージです)
 
* * * * *

そもそも何でオンライントークをする事になったかというと、緋呂さんがFacebook上で
「オンライントークやるので希望者はどうぞ」と募集記事を投稿していたからです。

話す内容は自由、時間は1時間弱、投げ銭制。
“トークすることですごい価値とか持ち帰っていただける何かを提供しますとかは考えていません”

この投稿の最後に書いてあった「勇者よ来たれ!」という一言が印象的でした。

確かに「異界絵師」という肩書きが既にすごいオーラを放っているし、
緋呂さんのFacebook投稿はおおむね「ビシッと言い放つような内容」が多かったんですね。
そして、よく見かける作品は「龍の絵」でした。
わたしは小心者なので、かなり怯みました。

しかし、オンライントーク募集の直近投稿で
「実際に喋ったり会ったりした時の印象と、ネット上での印象が全然違うとよく言われる」
というのを見かけまして、

「あっこれはきっと怖い人ではなくて、面白い人の方だわ」
と直感し、オンライントーク応募したのです。
(電話嫌いなくせに)

* * * * *

●人間界とは異なる全ての世界を差して、『異界』

とはいえ特に話す内容は何も考えていなかったので、まず一番気になっていた事をお尋ねしました。

「すみません、初めてお名前を拝見した時から気になっていたんですけど…
異界絵師って何ですか?」

失礼な質問かな〜と思いつつ伺ったのですが、
「やっぱり気になりますよね!」
「怖い人だと思われることもあるんです」
と言われ、わたしだけじゃなかった…と安心しました。笑

緋呂さん(以下、緋)
「最初はずっと天使ばっかり描いていたんですけど、天使絵師ってやだな〜と思って。
あと、天使を描くなら神様もそのうち描くだろうと思って、最初は天上絵師にしてたんです。
でもそのうち、神様とか天使以外の絵も描くようになったので…
『人間の住んでいる世界とは違う世界にいるものを描く』という意味で、『異界絵師』という肩書きにしました」

巴「わたし、『異界』って妖怪とか悪魔とかばっかりいるイメージでしたけど、
“人間界とは異なる全ての世界”って意味の『異界』なんですね。納得しました。
最初は天使ばっかり描いてたってことは、天使がお好きだったんですか?」

緋「いや、別に好きじゃないです。
むしろ天使とか嫌いだったんですけど、天使しか描けなくなっちゃって」

巴「???????????」

* * * * *

●別に天使好きじゃないのに天使しか描けなくなり、天使業界に

今はもうとにかく絵を描いてらっしゃるイメージの緋呂さんですが、
長い間絵を描くことから離れていて、本格的にやめてしまおうと思った事もあったそうです。
そんな時、たまたま知り合いの方から
「クリスマス会で飾る用の絵が欲しい。天使の絵とか」とお願いされたとのこと。

緋「その絵はすごく喜んでもらえたんですけど、その後から、何描こうとしても天使になっちゃって」
巴「??? もう、手が勝手に天使を描いちゃうって感じですか? 描きたくなくても」

緋「そうです、それですごく困って。天使なんか好きじゃないし(笑)。
妹も絵を描く人で、ずっと私の絵を見てきてたので、その天使しか描けない時期は
『今までと色使いとか全然違うけど、大丈夫…?』と心配されました」


わたしは基本的に“描きたいものを描く”か“依頼されたものを描く”しかしてこなかった絵描きなので、
「別に描きたくないのに勝手にその絵になる」という感覚はまったく未知の世界でした。

困り果てた緋呂さんが知人に相談すると、“なんか天使とか詳しい人”を紹介されたとのこと。

緋「スピリチュアル系で、天使の声を聞くとか天使の絵を描くとかそういうのがあるらしくて、
あなたにはその素質があるって言われて。
どうしたらいいか相談したら、その人には
『私には手に負えないから、私の先生を紹介します。先生に教わって下さい』
って言われたんですけど、
『何で全然知らない人に教わらなきゃいけないんですか。あなたが教えてください』
って無理やりお願いして(笑)」

巴「(笑)困ってても、そこはハッキリしてるんですね」

結局その方のところで色々教わり、卒業時にイベントでの実地試験が行われたそうです。

緋「お金をとって何かやれって言われるんですけど、けっきょく最後まで何を言われているのか全然分かんないし、他の生徒さんみたいに天使の声を聞いてメッセージを渡すとかできないし、どうしようと思って。

ただ『相手を見たら、何となく天使の姿が頭に浮かぶ』
っていうのはあったんで、それを絵にして渡す、っていうのをやりました。

自分ではよく分からなかったけど、お客さんはすごく喜んでくれて。
最終的には何人かお断りしなきゃいけないくらい列ができて。
でも、やっぱり最後までよく分からなかったので、褒められても盛況でも全然嬉しくなかったです」

その流れで天使業界に入ったものの、
『スピ系の人達の考え方が色々合わなかった』とのこと。

緋「スピリチュアルの人ってこう、考え方が独特というか…
もともと真面目な人達がハマっちゃうから、変にのめり込んじゃうんですよ」

巴「わかります。わたし、天然石アクセサリーのお店で働いてたんで。
パワーストーン業界にもスピ系の人いっぱいいますから。
不思議な力とかあるんだろうなとは思うし否定しないけど、のめり込むとやばいですよね」

緋「ですよね。私も不思議な力とか否定しないけど、それは違うんじゃないかなって思うことが多くて。
誰々先生の言う通りにしないと破滅がやってくるとか、そういうのが嫌いで。」

巴「あ〜〜〜〜〜。
でもスピリチュアル業界にいるのにスピリチュアルが嫌いって、やりにくくなかったですか?」

緋「やりにくかったです(笑)」

しかしそういった思いの丈をアメブロで書き連ねていたら、それに
「救われました」と言ってくれる方もいたそうです。

緋「『そうですよね。私、〇〇先生の言う通りにしなくても破滅したりしませんよね。目が覚めました』
みたいなコメントが来てました。」

巴「そうやってハッキリ否定してくれる人の存在も大事ですよね。
みんな信者みたいになったら危ないですから」

緋「スピ系にハマる人って、みんな悪い人じゃないんですよね。
純粋で真面目で、だから突き進みすぎちゃう。
私なんかは真面目じゃないし、最初から『天使なんか好きじゃない』とか言ってるし(笑)
それで『何だあいつは』って目で見られる事もありましたけど、感謝も沢山されました」


そのうち“天使しか描けない”時期は終わり、天使業界からも離れ、
今のような活動に変わっていったのだそうです。

* * * * *

●異界絵師 緋呂さん活動内容

緋呂さん 龍画

わたしが緋呂さんの作品で一番目にしていたのが「龍の絵」だったので
(単純に自分が「龍が好き」だからかもしれない…)
勝手に“龍を描く人”だと思っていたのですが、色々なジャンルの“異界”を描いておられます。

上の絵はご本人に許可を頂き、最近見た絵の中でわたしが一番好きだなと思ったものを貼りました。
(クリックで拡大します)

何とオンライントーク中に描かれたそうです…すごい!
電話しながらここまで描き込めるものなのか!?
落書きのレベルじゃないですよこれ!

わたしは何かしながら絵を描くことができない人なので、余計にすごいと思います〜(=▽=;;

この他の作品は、SNS、ブログ、サイトなどでぜひご覧くださいね(^^)

◎ブログ:緋呂の異界絵師通信

◎サイト:Hiro-Web

オンラインショップ緋呂屋

Twitter @HIro_eshi 

Facebook個人ページ

* * * * *

●おわりに

1時間色々なお話をしてきましたが、特に印象が強かったのが
「天使しか描けなくなった」エピソードだったので、そこを掲載しました。

録音とかしていた訳ではなく記憶で書いているので、細かな言い回しなどは違うと思います…
ご容赦下さい<(_ _)>

緋呂さん、喋り方は穏やかだけどすごく芯の強い方という感じで、
「できることしかやらないし、できない」
ときっぱり言っておられたのがすごく心に残りましたね。

わたしは
“できなくてもがんばってやろうとする(結果、潰れる)”
という事ばかりの人生だったので、この
「できることしかやらない」感をもっと見習いたいと思いました。

「巴さんみたいなイラスト、かわいくていいな〜って思ったりもするけど、
自分にはできないので(笑)。結局、自分にできることしかやれないし」

わたしは人のいいところを羨んでは
「何でわたしにはできないんだ〜チクショ〜」
と思っていましたが、あまりできない所ばかりに目を向けずに、
「ま、わたしにはできないし。自分にできることをやろう」
って今後は思っていきたいです(^^;

緋呂さん、ありがとうございました!


今年からブログに「気になる/面白い人紹介」というカテゴリを作りましたが、
これからも色々な方をご紹介できたらいいなと思っていますし、
わたしの紹介記事をきっかけに、それぞれの方にご興味を持っていただけたら嬉しいです。

ごきげんよう、さようなら。


◆◆ともえの活動&企画◆◆

【販売中のLINEスタンプ一覧】

【ライター業務のポートフォリオ】

【無料セルフマガジン「ぱりこれ。」配布中】

【ネコトバ。+食べ物イラスト画集(カレンダー付)販売中】

【ネコトバ。イラスト集発売中】


◆SNSもフォローしてみて下さいね◆






基本的に申請承認/フォロー返ししています(例外あり)。

* * * * *
ブログ応援クリックもよろしくお願いします!

  にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

【ブログサークル加入中、お気軽にフォローどうぞ】


*何かご意見ご感想などございましたら。(携帯対応)
【web拍手を送る】
【メールフォーム】※SSL対応

フォームからの返信は基本基本3〜4日以内に行っていますので、
いつまで経っても返信が来ない!という場合は、
こちらに届いてないか、
私が送ったメールが迷惑メールフォルダに入っている可能性があります。

返事が返って来ない時は、
まず迷惑メールフォルダをチェックしてみて下さいね!



★2通目以降の返信は3日以上かかる場合もあります。


JUGEMテーマ:コラム




コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 【相談したい方へ】わたしは境界性パーソナリティ障害を患っていた、ただの一般人です。
    ともえ (11/05)
  • 【相談したい方へ】わたしは境界性パーソナリティ障害を患っていた、ただの一般人です。
    とっちゃん (11/02)
  • フリーランスは「んっ?」と思わせてナンボ 〜名刺・キャッチコピー編〜
    巴(ともえ) (09/25)
  • クリエイターさん、その値段を「高い」と言われても気にしなくてOKです。
    巴(ともえ) (09/25)
  • 「何かイベントごとがある時に限って色々かぶって慌ただしくなる」時の対処法
    巴(ともえ) (09/25)
  • フリーランスは「んっ?」と思わせてナンボ 〜名刺・キャッチコピー編〜
    にゃんシロウ (09/17)
  • クリエイターさん、その値段を「高い」と言われても気にしなくてOKです。
    そると (09/15)
  • 「何かイベントごとがある時に限って色々かぶって慌ただしくなる」時の対処法
    ちょ (09/15)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。116「しにかけた・1」
    ともえ (08/19)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。116「しにかけた・1」
    あまり (08/17)

SNS

links

search this site.

blog ranking

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM