←prev entry Top next entry→
「もしも自分が末期ガンになったら」というのを考えてみた
170813_01s.jpg

前々から気にはなっていたのですが、背中と腰が異様に痛いです。

「これはきっと無理をしているんだな、自分をちゃんと療養しよう」
と思い、温泉やマッサージに行き、小指と足の土踏まずに湿布を貼る健康法をやり、適度な運動をし、眠い時は眠り、背中と腰に液状フェ○タスを塗りまくったりサロ○シップを貼ったりしているのですが、全然効きません。

こういう時にベッドに横になると、必ずやってくる感覚があります。
背中と腰のちょうど真ん中あたりから根が生えてきて、ベッドにがっしりと根を張っている感じ。
今日まさにそうなりました。
(今も痛いですが、起き上がれるようにはなりましたので、ブログを書いています)


ふと、すい臓がんで亡くなった知人の事を思い出しました。

彼は長い間ずっとひどい腰痛に悩まされており、治らんな〜と思いながら病院に通い続け、
ある時“もう一段階くわしい血液検査”というのをやったら、すい臓がんだと発覚したそうです。
その数ヶ月後に亡くなった、と彼のお葬式で聞きました。

「わたしのこの腰痛が実はガンだったら」
と想像したら涙が出てきたので、今日はその話を書こうと思います。

現在闘病中の方や闘病中のご家族がいらっしゃる方は不快な内容になるかも知れないので、
そういった恐れのある方は先を読まない事をおすすめします。

これは、わたしの妄想の話です。
他人の妄想で腹を立てるのは、たぶん人生で無駄なことの一つだと思います。
 
* * * * *

「もしも自分がガンだったら」と考えた時、まず真っ先に出てきた気持ちが
「もう頑張らなくていいのか」でした。

『パートナーや親などがすごく悲しんだり、迷惑をかけるんだろうなあ』
『実話小説でしか読んだことないけど、想像を絶する痛みがあるらしい。痛いのは嫌だな』

そんな事も考えましたが、何よりも真っ先に浮かんだのは“ホッとした”気持ちでした。

そのことに対して、ものすごく悲しくなりました。

「わたしは自分の人生を、もう終わってもいいものだと考えているのか。」

* * * * *

以前も今日のように、体が動かなくなったことがあります。
(その時は今よりもっと酷かったですが)

その様子を正直にブログに書き記したところ、複数の読者さんから
「慢性疲労症候群ではないか」と言われました。

慢性疲労症候群ってご存知ですか?
調べた中だと、このページが一番わかりやすく解説していると思いました

自分が慢性疲労症候群か病院で調べてもらいたいと思うと、オススメされるのはすべて東京の病院です。
島根県でも慢性疲労症候群かどうか診てくれる病院があるそうですが、真偽は知りません。
(ネットで検索したらひっかかっただけなので)

わたしは以前、個人病院と総合病院で自分の体調不良について相談しに行ったら
「ストレスじゃないですか?」「あなたの気のせいでは?」
と言われたことが本当に嫌だったので、島根の病院で調べるのはやめる事にしました。

家族に相談するのもやめました。
今までも様々な体調不良について相談したことがあるのですが、
「甘え」「怠け」「生まれつき精神力が弱いせい」と切り捨てられました。

せめて病名がつけば真剣に考えてもらえるのでは、と思いましたが、叔母には
「最近は何でもかんでもすぐ病名をつけすぎ。私の時代には無かった。どいつもこいつも甘えてる」
と言われました。

わたしが慢性疲労症候群なのか何なのか分かりませんが、
体が動かせなくなるくらい背中や腰が痛くなったり、
手足がピリピリ痺れるような感覚になって苦しんでも、
世の中には「ただのストレス」「怠け・甘え」と言われてしまうんだなあ、と思っています。

Twitter民がどれほど
「うつ病を甘えとか怠けとか言う奴、ほんとクソ」
って言っても、そういう人はまだまだ沢山、世の中にいます。
SNSやインターネットをやっていない人の中に、沢山います。
“はっきりとした病気ではないものを軽視する人”が。

だから、
「原因不明の何かにずっと悩まされながら生きるくらいなら、ガンで死んだ方がマシだな」
と思ってしまいました。
ガンは誰もが「重病だ」と認めてくれる病気だと思うので。

それでわたしは「ホッとした」のだなあ。
手の施しようがない重病なら、
そして自分に生きる気がないのなら、がんばらなくていいのでは、と思って。

「ガンは怠けだ」って、誰も言わないじゃないですか。

* * * * *

最上級に「死にたい」と思っていた頃より、最近はかなり意欲的になりました。
最上級に「不幸だ」と思っていた頃より、最近はかなり幸福になりました。

最上級に「自分はダメ人間だ」と思っていた頃より、だいぶ色々なことができるようになりました。
最近、やっと年金を払えるようになりましたしね。
ずっと免除申請を出し続けていたのに。

だけど「もしも自分が末期ガンになったら」と想像したときに、
「嫌だ! まだ生きたい! あんな事もこんな事もしたい!」
ではなくて、
「もうがんばらなくていいんだ。」
とホッとしてしまう人生って、何なんだろうと思いました。

妄想だからなんでしょうか。
現実に、本当に重病による死が目前に来たら、わたしは「死にたくない!!」と思うんでしょうか。

10年前に自殺行為を行って本当に死にそうになった時は、
「このまま死にたくない」とは思いました。
病気の時もそうなるのでしょうか。

* * * * *

「身近な人に、末期ガンになった人がいないからそんなことを思うのでは?」
と思う方もいらっしゃるのではないかと思います。

確かに、末期ガンはいません。
先日、祖父が大腸がんで入院しましたが、腸を50cmか1メートルかそのくらい切って戻ってきました。

生まれつき腸が人より長かったそうで、沢山切っても世間一般の人よりまだ長いくらいだ、とのことでした。
とはいえ長い腸に体が慣れ親しんでる訳なので、戻ってきてすぐは食事がつらそうでした。

祖父は(わたしとは違う方向性で)性格に難があるめんどくさいおじいちゃんではありますが、
わたしは祖父が死なずに戻ってきてくれて良かったと思いました。
今までそうしていたように、今もときどき祖父母宅に行って、煎茶を飲みながら語り合ったりします。

パートナーがわたしの家から約1時間かけて自分の家に帰る時も、毎回
「途中で事故に遭って死ななくて良かった」と思います。
先日、彼が社員旅行に行った時も「道中、バスが事故に遭わなくて良かった」と思いました。

人の命に対して「死なないで欲しい」と思う気持ちは分かるのです。
そしてそれが自分に向けられる事もあるだろうというのも分かります。
ありがたいことだなあ、と思います。

それなのにわたしは「自分がもし病気で死ぬとわかったら」と妄想したら、「ホッとする」のです。

これを、妄想の中でも「死にたくない」人生にするためには、どうしたらいいんでしょうか。

“がんばらなくていい人生”にすればいいのでしょうか。どうやって?

仕事も好きだし、人と会ったり話したりするのも楽しいし、絵や文章を書いたりするのも好きです。
どれもこれも多少の努力は必要だと思っています。

ではなぜ、死を妄想したときにまず思い浮かぶのが「もう、がんばらなくていい」なんでしょうか。

なぜ「死にたくない! もっとがんばりたい!」ではないのでしょうか。

* * * * *

「もしも自分が末期ガンで死ぬことがわかったら」

あなたが最初に、パッと思い浮かべることは何でしょうか。

わたしと同じように安堵する人も、
そんなの嫌だと落胆する人も、
いろいろな人の声を聞くことができたらいいなあ、とふと思いました。

もし良かったら、下記より教えてください。



その中にわたしと同じ気持ちの人がいたり、
わたしの「生きたいヒント」が見つかったりすればいいな、
なんて下心もありますが、
まあ、見つからなくてもいいです。

率直に、お暇つぶしにでも、答えてみてください。


ごきげんよう、さようなら。


◆◆ともえの活動&企画◆◆

【販売中のLINEスタンプ一覧】

【ライター業務のポートフォリオ】

【無料セルフマガジン「ぱりこれ。」配布中】

【ネコトバ。+食べ物イラスト画集(カレンダー付)販売中】

【ネコトバ。イラスト集発売中】


◆SNSもフォローしてみて下さいね◆






基本的に申請承認/フォロー返ししています(例外あり)。

* * * * *
ブログ応援クリックもよろしくお願いします!

人気ブログランキング

にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ

【ブログサークル加入中、お気軽にフォローどうぞ】


*何かご意見ご感想などございましたら。(携帯対応)
【web拍手を送る】
【メールフォーム】※SSL対応

フォームからの返信は基本基本3〜4日以内に行っていますので、
いつまで経っても返信が来ない!という場合は、
こちらに届いてないか、
私が送ったメールが迷惑メールフォルダに入っている可能性があります。

返事が返って来ない時は、
まず迷惑メールフォルダをチェックしてみて下さいね!



★2通目以降の返信は3日以上かかる場合もあります。


JUGEMテーマ:健康




コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • フリーランスは「んっ?」と思わせてナンボ 〜名刺・キャッチコピー編〜
    にゃんシロウ (09/17)
  • クリエイターさん、その値段を「高い」と言われても気にしなくてOKです。
    そると (09/15)
  • 「何かイベントごとがある時に限って色々かぶって慌ただしくなる」時の対処法
    ちょ (09/15)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。116「しにかけた・1」
    ともえ (08/19)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。116「しにかけた・1」
    あまり (08/17)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。109「うでどけい」
    ともえ (08/04)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。51「ちょうはつ」
    ともえ (08/04)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。109「うでどけい」
    通りすがり (08/03)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。51「ちょうはつ」
    通りすがり (08/03)
  • 【島根/松江】誕生祝いランチでイングリッシュガーデン内LAUTに行ってきました
    ともえ (07/27)

shop/site

【巴李古-palico.-】

【ネコトバ。】

SNS

blog ranking

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM