←prev entry Top next entry→
原画が売れる理由・コツ・方法を6つ考えた【イラストレーター向き】
181129_01s.jpg

一昨日、久しぶりに通販で原画注文が入りました。
事前に「あの絵を買いたいんです」と
言われていた作品だったけど、やっぱり嬉しかったです。

で、ふと
「今まで何となく原画を売っていたけど、
なんとなく傾向がありそうだな」
と思ったのと、

「原画の売り方がわからなくて困っている
イラストレーターさんとか、いるのでは?」
と思ったので、この記事を書くことにしました。

ちなみに
「こういうモチーフを描けば売れるぞ!
売れたいなら嫌でも描け!」
っていうゲスい話じゃなくて、

「自分の好きな絵を描いたうえで、
こういう風にすると人の目に止まったり、
絵そのものの魅力が高まるんじゃないか」
っていう話をしていきますので、ご安心を。

今まで実際に売れた原画を交えつつ、ご説明していきます。
 
1.展示の機会があったらバンバン出す

170331_01s.jpg

こちらは展示会に出していてその場で売れた額装原画です。

「あなたの作品は、あなたがどんどん世の中に出さないから誰も知らないのだ」
っていう記事にも似たようなことを書いたのですが、
とにかく、出さないと知ってもらえません。

1回とか2〜3回ほど表に出しただけで売れなくて
「こんな絵売れないんだ…」
「自分の絵なんてダメなんだ…」
と思っていませんか?
(っていうかわたし自身が思っていました)

“どんな作品が描けるのか”
“実際、どんな作品をもっているのか”
というのは、表に出さないと誰もわかりません。

生で見てもらえる機会があれば、
過去の作品だろうが普段の画風と違おうが
バンバン出しましょう。

しかし展示会に出すのって
毎回まあまあお金がかかったりするので、
展示会だけでなく、SNSを利用して発表するのも有効ですよ。


2.長年の「良いファン」を大事にする

先程ご紹介した絵は、
長年ファンをして下さっている方が
ご購入下さったものです。

新規ファン獲得にばかり目を向けて、
昔からファンでいてくださる方に
目を向けるのを怠ってしまう時も
あると思いますが、
ずっと見ていてくださる方が突然
原画を購入してくださることもあります。

長年のファンは大事にしましょう。

というか、この方自身を
わたしが「良いファンの方だな〜」と思うから
自然と大事にしていた…というのもあるのですが…。

長年のファンだから、という理由で
無理なリクエストを出してきたり
あなたの業務妨害をする人は
優しくしなくてもいい、とわたしは思っています。
誰にでもいい顔してると、潰れるのは自分ですからね。(経験談)


3.売る(出す)場所や、相手を変えてみる

170331_06s.jpg

こちらは東京・高円寺のギャラリーで
委託展示をしていて売れた作品です。

なんと、アメリカ・ニュージャージー州から
たまたま日本へ数日間旅行に来て、
たまたまこの絵を見かけて
購入して下さったそうです…!

「日本で全く売れなかったクリエイターが、
海外へ出したら途端に人気者になった
(しかも海外で売れたら、日本でも売れるようになった)」
みたいな話はよく聞きますよね。

ということで、自分が
「作品を出す場所」
「作品を見てもらう相手」
を変えるというのは有効だと思います。

わたしはこの事があってから、
完全に海外にも目を向けるようになりました。

そして
「島根県(地元)で売れなかったものが、東京で売れる」
こともあるし、
「東京で売れなかったものが、島根県で売れる」
こともあります。

自分の勝手な思い込みで、
作品を見せる場所や対象を狭めていませんか?
もっと広く行きましょう。


4.作品のタイトルも大事

記事トップに貼ったイラスト原画ですが、
元々こちらのタイトルは
「あなたのことが好き」でした。

何年もずっと購入されることなく我が家にあったのですが、
ある日ふと、

「次の展示会で、
『毒々しい恋心』というタイトルに
変更して出してみよう」

と思いついたのです。

なぜか展示会で多くの方が見てくれたり、
タイトルを変えた数ヶ月後に
「あの絵が欲しいです」
と言われたりしました。

タイトルだけが理由ではないかもしれませんが、
わたし自身、イラストだけでなく写真の作品でも
「このタイトルは秀逸だなあ」
と感じることがあるので、
作品タイトルも大事ですよ。


5.自分の作品のことを気にかけてあげる

181129_02s.jpg

上記のタイトルもそうですが、
自分の作品のことをいろんな形で
気にかけてあげるのが大事だと思います。

何年も前に描いた作品で、
一向に引き取り手がないと
そのまま置いといてしまいがちですが、
「この子(作品)を迎えてもらうには、どうしたらいいだろう?」
といつまでも気にかけてあげましょう。

ちなみにこの絵は、今よりお金がない頃に描いたので
立派な額を買ってあげる余裕がなく、
100円均一の額にペイントをして額装したのです。

(猫の額店長さんが「それでも立派な作品ですよ」
と仰って下さったし、
実際、100均の額でもペイント次第で売れます)

が、タイトルを「毒々しい恋心」に変更してみると、
急にこの額が合わない気がしてきたのです。
「かわいすぎるのでは?」と。
それで急遽、額を購入して変更しました。

ちなみに「買いたい」と言った方は
この額装変更を表へ発表する前に
「買いたい」と言って下さったのですが、
“自分が気にかけてあげると、なぜかお客さん側も気にする”
というのは
自分が会社員(販売員)だった時代にもよくあることでした。
不思議ですよね。

で、写真をお見せしたら
「変えた後の方が好きです!」
と言っていただけたので、
額装変更後の形でお送りいたしました。


6.好きなもの・描いていて楽しいものを描く

181129_03s.jpg

これまで、直近で売れた原画を
ご紹介してきましたが、
こちらの2点はかなり前にお迎えしていただいた作品です。

ここまでの作品は
それぞれ、全く別の方がお迎えして下さったのですが
共通点があるんですね。

「和装が多い」もそうなんですけど(笑)、
要するに、
「わたし自身が好きなもの」
「描いていて楽しかったもの」
なんです。

(わたしはセーラー服も好きです)

絵で仕事をしていると、
「どんな絵でも描ける人が重宝される」
と思いがちです。
(実際にそういう面もあります)

しかし、どうも自分の傾向を見ていると

「こういう絵も描けた方がいいかな?」
と思って描いたものより、
「これが描きたい! 描くー!
たーのしー!!」
と思って描いたものの方が、
早めにお迎えして頂けているんですよね。

あと、“好きなもの”というのは
単純に「作者本人が描きやすい」だけでなく、

「お客様(見ている人)が魅力を感じやすい」
作品になるような気がします。

けっこう、イラストレーターさんや画家の方でも
「この絵といえば、この人!」とか
「このモチーフといえば、この人!」という人が
いらっしゃいますよね?

わたしも「ネコトバ。」のおかげで
「あの猫と言えば、巴さん!」
と言われるようになってきたんですが、
ようするにあれも
「猫が好き」という一心だけで描いてきたものです。

ということで、自分の心に素直に描きましょうね。

あとは、「うまくなりたい」という
心を捨てないことでしょうか。
「このくらいでいいや」と思ってると、
すぐ人に伝わりますので。笑

ごきげんよう、さようなら。


* * * * *

記事執筆、イラスト・デザインのご依頼は
下記メールフォームかLINEでお問合せください。
まずお見積もりをお出しします。

ブログ末尾のSNS(Twitter・Facebook)
からお問合せでもOKです。
 ↓
【ご依頼・お問合せフォーム】

LINEは下記リンクより友だち登録&お問い合わせください。
https://line.me/R/ti/p/%40palicosp

※LINEアプリ内で「@palicosp」で検索しても出てきます

* * * * *

◆ぱりこ/巴の出店(出展)情報◆

よなごアートマーケット Vol.22

開催日:2018年12月2日(日)
※入場無料
※直接参加・ブース名は「くらや+花笑み」になります
時間:10:00〜15:00
会場:米子コンベンションセンター【BiG SHiP】多目的ホール
〒683-0043 鳥取県米子市末広町294

よなごアートマーケット Facebookページ
 
* * * * *

◆ともえのSNSもフォロー/いいねお願いします◆



「ぱりこ。-palico.-」のFacebookページ

◎Instagram


◆◆ともえの活動&企画◆◆

無料の活動紹介マガジン配布中

販売中のLINEスタンプ一覧

ライター業務のポートフォリオ

ネコ雑貨の通販しています



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。167「しあわせすぎる」
    巴(ともえ) (11/14)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。167「しあわせすぎる」
    かおり (11/12)
  • 企業からイラスト依頼がこない理由その1:そのイラストの制作時間が明確でないから
    巴(ともえ) (10/24)
  • 企業からイラスト依頼がこない理由その1:そのイラストの制作時間が明確でないから
    yuta (10/19)
  • 大勢の他人と家族を同時に幸せにはできない。めしや巴李古で知った自分の心について
    巴(ともえ) (09/26)
  • わたしのブログは最近おもしろいのか?と急に気になった。自営業で大事なこととは?
    巴(ともえ) (09/26)
  • 大勢の他人と家族を同時に幸せにはできない。めしや巴李古で知った自分の心について
    あいこ (09/24)
  • わたしのブログは最近おもしろいのか?と急に気になった。自営業で大事なこととは?
    深山公博 (09/22)
  • 子どもを産む人も産まない人も、尊重される時代であるといい
    巴(ともえ) (08/26)
  • 子どもを産む人も産まない人も、尊重される時代であるといい
    Lhbb (08/20)

SNS

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM