←prev entry Top next entry→
ライター仕事が欲しいなら自分からドンドン営業した方がいい
190205_01s.jpg

ライターに限らず、もちろんイラストレーターも
自分から営業に行った方がいいのですけど、
イラストレーターもライターも両方やってみて、
「ライターの方がよりいっそう営業しないと仕事が取れない!!」
と実感しましたので、記事にしたいと思います。

ブログやSNS投稿しているだけで仕事がバンバン来ると思ったら大間違いですよ。
 
* * * * *

最初に断っておきたいのは、
ブログ・SNS・noteなどの投稿がバズって仕事を依頼される…
というルートがまったくない訳ではありません。

ただ、「バズり」は狙ってできる事も
時々ありますけど(統計とか取ったりすれば)
基本的には運だとわたしは考えているので、
「今すぐライターの仕事が欲しい」とか
「まだ自分の文章力に自信がない」
という方には全くおすすめしません。

ひとまずわたしが実際にやった
「ライター仕事の取り方(営業)の流れ」をご紹介します。


1. 自分のブログと読者投稿サイトで署名記事を溜める

仕事を探すにしても「見本となる記事」がないとダメなので、
わたしはとにかく自分のブログで
お役立ち記事やお店紹介記事を書いたり、
読者投稿サイトでライフハックや体験記事を書いたりしました。

クライアントに「こんな文章を書きますよ!」と
ひとまず提示できるものがないと、
依頼してもらえないだろうと思ったからです。


2. クラウドソーシングでライター仕事を探す

自分の文章力にはそれなりの自信があったのですが、
なにしろ経験も実績もなかったので、まずは
「自分の記事はどこまで認めてもらえるのか」を確認するためと
「業務履歴(ポートフォリオ)を増やすため」に
クラウドソーシングを利用しました。

どれがいいとかさっぱり分からなかったので、
わたしはひとまずクラウドワークスでやりました。
(なんか当時は評判が良さそうだったので。今は知りません…)
他にもランサーズとか色々あるので、自分に合ったサービスをお探しください。

クラウドソーシングにある案件は
基本的に「無署名記事」が多いので、
ひとまずは自分の得意そうなジャンルで
無署名記事を書きまくりました。

「初心者歓迎」と書いてある案件は
記事の組み立て方とか、SEOを意識した文章の書き方とか
教えてくれるところもあってありがたかったです。
(ここでかなり知識を得ました)

で、「署名記事」案件を見つけたら、
ブログと署名ありの読者投稿記事などを見本にして、そこに応募する。
採用されて、たとえ1本でも
「仕事として請け負った署名記事」が
できればしめたものです。

※署名記事…自分の名前やプロフィールが載せられる記事。
無署名記事はその逆。
ゴーストライターになってしまう事もある。


3. SNSでのライター募集に飛びつく

ちょうどその頃、たまたまSNSで
「知人がライターを募集しています」
という投稿を見つけました。

募集しているご本人自体は全く知らない方だったけど、
その投稿をしていた方は信頼のおける方だったので、すぐ応募。
もちろん、今までのポートフォリオをひっさげて。

クラウドソーシングで普段やっていた仕事より遥かに高単価だったし、
(いやクラウドソーシングが大体に安いんですけどね)
署名記事にもしていただけたので本当にありがたかったです。


4. ライター募集をしているサイトを探して応募しまくる

クラウドソーシングは安価の案件が多すぎるし、
そうそう都合よくSNSでライター募集の投稿を見る事もないので、
もっと積極的に自分から営業することにしました。

まずやったのはGoogleで「ライター募集」を検索すること。
しかし! Googleでひっかかるくらい
ライター募集を大々的にやっているページは、
ライバルが多すぎて全然採用してもらえません。
基本的には応募しても無視される、ということが多かったです。

なので今度は、自分が好きなテキストメインのサイトや
別の調べ物をしていてたまたま見かけたサイトの中で
「ライター募集」のページを探すようになりました。
これが、意外とあるんですね。

もちろんそういう所に応募しても、
やっぱり「無視」ということは何度かありました。
そんな中で、ものすごく快く対応してくださったのが…こちら!
イラストレーター生存戦略様です!


【料金トラブルを防ごう!イラストレーターの見積書の作り方】

そもそもジャンルがど真ん中なので
最初から自信を持って応募はしましたが、
念のため「2本」の記事提案をして、
採用されたのがこちらでした。
(もう1本の方も検討しますと言って頂けたのですが、
わたし自身が「このネタはやっぱり違うな」
と思ったのでボツにしました(^^;)

ものすごく楽しく書けましたし、
なかなか好評だったようで本当に嬉しかったです…!

いろんなジャンルに挑戦するのも
大事なことかなと思いますが、
やっぱり自分のど真ん中ジャンルで書いた方が
書きやすいし仕事として楽しいですね。
みなさんもぜひ、本命ジャンルでライター募集ページを探してみて下さい。


* * * * *

ライターに限らず、なにがしかの創作活動で
仕事を得ようと思う人は
ついついひとりよがりになったり、
怠けたりしやすいです。
(自分にもそういう所はもちろんあります)

SNSで投稿していれば、いつか話題になるんじゃ…
ブログを書いていたら、検索で見つけた人が依頼してくれるんじゃ…
記事がバズって仕事が増えるんじゃ…

もう全部幻想です。
「待っていればいつか見つけてもらえる」
なんて妄想は今すぐやめましょう。

いや、冒頭で言ったように
現実で起こるには起こるんですけど、
わたしには起こりませんでした。

あと、
「ブログを検索で見つけてくれた人が依頼してくれる」
っていうのは
イラストレーターの仕事では起こったんですけど、
ライターの仕事では今のところ一切起こっていないんですよね。
イラストが欲しい人は検索で探すけど、
記事が欲しい人は検索で探さない、ということなのだろうか…。

ということでわたしは、検索流入は一切期待せず、
「今まで書いたものがひとつにまとまった記事(リンク)があると、
応募する時にそのURL貼るだけで良くて楽だから」
という理由で、このブログ内にテキスト記事ポートフォリオを作っております。
 ↓
漫画も描けるイラストライター!巴(ともえ)のテキスト記事ポートフォリオ

いや、自分が楽したいだけじゃなくて、
選考する方もこのリンクだけ開けば済むから楽じゃないですか…?
そんなことない…?

ということで、わたしもまだまだ
ライター歴は浅いのですが(今年の3月で2年)、
浅いなりにも順調に仕事が伸びているので
こんな記事を書いてみました。

駆け出しの方の参考になりましたら幸いです。
ごきげんよう、さようなら。


★関連記事

読まれるブログの書き方「タイトルが重要!検索する自分を思い出せ」

思った通りの“自分像”をネット上で作れないなら、まずは文体を変えてみよう


* * * * *

記事執筆やイラスト・デザインのご依頼は
下記メールフォームかLINEでお問合せください。
まずお見積もりをお出しします。

ブログ末尾のSNS(Twitter・Facebook)
からお問合せでもOKです。
 ↓
【ご依頼・お問合せフォーム】

LINEは下記リンクより友だち登録&お問い合わせください。
https://line.me/R/ti/p/%40palicosp

※LINEアプリ内で「@palicosp」で検索しても出てきます

* * * * *

◆ともえのSNSもフォロー/いいねお願いします◆



「ぱりこ。-palico.-」のFacebookページ

◎Instagram


◆◆ともえの活動&企画◆◆

無料マガジン「ぱりこれ。」請求はこちら

販売中のLINEスタンプ一覧

ライター業務のポートフォリオ

ネコ雑貨の通販しています



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

profile

categories

selected entries

archives

SNS

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM