←prev entry Top next entry→
被災地の外のわたしが出来ること。
はっきり言おう、眠れません。

爆発する工場/オモチャのように流れて行く乗用車・家
蛍の光みたいな、火災地の炎/200〜300人の水死体、という無機質な文字
床で寝そべる沢山の人、人、人

衝撃的なものを見すぎた。
映画だったら「またこんなの」って思う癖に。
でもこれは間違いなく現実だ。怖くて悲しい。胃がぐるぐる言う。

ごはんを作るのも、仕事をするのも、暖をとるのも、
こうやってパソコンをつけていることも全て申し訳なく思ってしまう。
言いたいこと書いたら、すぐ消して寝るので。
 
 
今日は地震の事を知ってから、ほぼずっとツイッターとmixiに張り付いてた。

無事すぎる島根県。
一つ前の記事にも書いたけど、
山陰両県はスッポリと警報/注意報区域から外れてる。
あの記事を書いた後、とうとう高知県も大津波警報区域に入った。
最初は警報/注意報がなかった、北海道の日本海側にも、発令された。
依然として、島根・鳥取は何も発令されていない。

地震の事を知った時、わたしは、友達の車で外にいた。
朝は天気が悪かったのに、地震のことを知った時はものすごくいい天気で、
自転車でのんびり走る人たち、歩行者、タクシー、乗用車、
みんな普通だった。普通に生きてた。
のどか過ぎて恐ろしくなった。

ツイッターで、「島根県は、出雲大社に守られてるんだなって思った」と言われた。
正直、私も思った。守ってくれてるのが出雲大社かどうかは分からないけど、
なんか、とんでもない力が働いてるんじゃないの、って。
いいことなのに、ここまで来るとおそろしい。
何の恐怖も感じなくていい、この土地の力が怖い。
こんなこと書いてると、スピリチュアルな人かと思われそうだけど。
べつにそういうわけではありません。

そんな“無事すぎる島根県”から何を言っても無駄じゃないかって思ったけど、
私の、ぽつぽつとつぶやいた一言で「元気が出たよ」と言ってくれた人がいた。
「情報を教えて下さい」と言ってくれる方もいた。
何か、何か、出来るかも知れないと思った。

で、【一つ前】の記事を書いてみたんですけど、
その後いろいろと情報をあつめてて、
「本当に大変な人は、ネットを頼ってる場合じゃない人の方が多いかも知れない」
ということを薄々感じてきた。

テレビを見ると、過酷な映像がどんどん流れる。
人がなくなる姿がそのまま映っているわけじゃない。
でも、あっけなく人が亡くなっているのは、わかる。
こわい。
人は、簡単に死んじゃいけないと思う。
だって私は生きている。何回も死にかけるような目に遭ったのに。
それでも沢山の人が亡くなっている。まるで映画のように。

停電の中にいる友人。会社から帰れない友人。
色々な不安を色々な人が抱えている。
何も出来ない私は、いつも通りの仕事をする。
いいのか?と思った。

救援物資について、調べてみた。何かできることはないだろうか、と思って。
でも調べた結果は、残念なものだった。
「自分の満足感のために、救援物資を送ってはいけない」
というのがズシリと来た。
そうだ。
私は、自分が楽になりたくて、誰かを助けたいと思ってるのかも知れない。


時間が遅くなるにつれ、ツイッター上で
「何も出来ないことに無力感を覚えないで」
「無事な人は、明日もふつうに生きていいんだ」
「仕事をする人は、仕事をして。遊ぶ人は、遊んで」
というコメントがちらほら増えてきた。

それを見てて、私と同じ人が、いるんじゃないかと思った。

無事な地域にいて、無事なことに「もうしわけなさ」を感じてる人たち。


私は、被災地の人に何もできない。
ごはんを作っても、それは私と母が食べるだけだ。
あの人たちにあたたかいごはんをあげられる訳じゃない。
情報を整理してツイッターで呟いても、本当に必要な人に、届いてるか分からない。
だってそもそも、「今ネットをやっている人」というのは、
やっぱり「無事な場所にいる人」がほとんどだと思うから。


じゃあ私は、「無事な場所にいる人たち」に呼びかけよう、と思いました。

被災地の人たちに、祈りを捧げるのもいい。
それでも私たちは、無事な私たちは、無事なりに、
やっぱりちゃんと生きないと駄目なのだ。
災害を受けた地域も、人も、ぼろぼろだと思う。
心や体や家や、いろんなところが。
それを見て心を傷めるのもいい、祈りを捧げるのもいい。
でも、たぶん、一緒に心をぼろぼろにしてはだめなんだ。


だけど、ひとりでいたり、ニュースを見たりしてると、ぼろぼろになる。
私もだいぶん、ぼろぼろになった。
それをガマンしてると、余計つらくなる。
だから「何も出来なくていやだ!」「ぼろぼろになった!」と言う事にした。
そして、誰かの“同じような気持ち”を聞けたらな、と思った。
もしも、同じ気持ちでいる人が、ここを読んでいるのなら。

無事であることを、駄目だと思わないで欲しい。

異様に無事すぎる、島根県、鳥取県。
無事なら無事で、そのとおり生きるしかない。
何の被害にも遭ってないけど、テレビの映像を見て心を傷めたなら、
「つらい」と言えばいい。
「つらい」って思って、いいじゃない。
誰にも言えないなら、ここでコメントしてもいい。
メールフォームで想いを送ってくれてもいいです。

私は今、被災地直下にいる人たちに、
何をしていいのか、何ができるかさっぱり分からない。
でももし、何かできることについて情報がある方は、教えて下さい。
でも、情報を持ち寄る際は、発信源をちゃんと調べたり、
何かしら責任を持って頂けるとうれしいです。
今、災害に関するガセネタで、ツイッターは大わらわになっている。
でも、それを広めてる人も、真剣にやってる。
ガセネタだと分かって広めてる訳じゃない。

だけどせめて、情報を提供するには、
やっぱりちゃんと調べてからの方がいいと思うので。

なんか堅苦しくなってしまいましたが、
まあ、そういう情報とかじゃなくても、
今回の地震で、純粋に思ったこととか、
どうしていいか分かんない気持ちとかを、ぶつけてもらえたら、幸いです。

コメントに書けない方は、以下のWeb拍手コメントかメールフォームにて。
公開されませんので。(私がブログ上にそれとなく返信することはあるけど)

【web拍手を送る】
【メールフォーム】※SSL対応


なんかいろいろ書いてますけど、私も大分てんぱってます。
でも、なんかしたい。


さあ、寝て起きて、元気に生きます。
何か思いつくかも知れない。なんも思いつかなくても、なんかあるかもしれない。

ではまた。



JUGEMテーマ:天変地異、災害



コメント
2011/03/12 10:19 AM posted by: あや
私も地震、津波被害のない場所にいます。
何かできることはないか、ネットで検索していてこちらにたどり着きました。
「でも、たぶん、一緒に心をぼろぼろにしてはだめなんだ。」
この一行に、すごく励まされました。
ありがとうございます。
本当に大変なのは、現状が落ち着いていない今、本当に「これから」なのだと思います。
なにかしたい。何かできることがわかった時に、ぼろぼろではなく、励まし、動けるように居ようと思います。
突然で失礼しました。
ともえさんもどうぞご無事で。
2011/03/12 12:48 PM posted by: miki
始めまして。

『被災、出来る事』で検索をかけたらこちらに出会いました。

私も何かできる事はないかと考えています。
今のところ思いつくのは募金しかありません。他にも何かないかと思い検索していました。

被災しなかった人はこれを教訓に『生き方』を考えなくてはならないと思いました。
2011/03/12 7:21 PM posted by: miso
上記の方とおなじく、
検索であなたの記事に会いました。

被災している友人に手が届かないことがもどかしく、ひどく焦っていました。

引きずられず、冷静に、今自分でできることをする。
あなたのおかげで冷静になれました。

救われました。ありがとう。
2011/03/12 10:34 PM posted by: ともえ
検索してこられる方の多さにびっくりしました…!有り難うございます!

>あやさん
自分自身に向けて言った言葉でしたが、
同じように不安に思う方を励ませたのなら、本当にうれしいです。

現状が落ち着き、報道が落ち着くと、人は「深刻さ」も落ち着かせてしまう気がします。
報道が落ち着いた時こそ、遠方の人間が支援するチャンスなのではないかと。

もちろん、今動いても良いこともありますが。
「できることから」進めていきたいですね。
ありがとうございました。


>mikiさん
義援金、募金が一番確実な方法なのだそうです。
ただし、悲しい事にこの状況を狙って、義援金詐欺などが発生しているようです。
次の記事に色々と情報をまとめましたので、
赤十字や、信用できる公的機関などで、募金などお願いします。

私も、自分の「生き方」を考えました。
もしかしたら今までの一生で一番考えたかも知れません。

コメントありがとうございました。


>misoさん
被災地にご友人がおられれば、なおさら不安だったのではないでしょうか…。
まだ連絡は取れてないのでしょうか。心配ですね…。

「救われた」なんて、とても勿体ないです。
その言葉で、私も「書いて良かった」と思えました。
記事を書きながら、いえ書いた後も、不安でいっぱいだったので。

こちらこそありがとうございます。
2011/03/14 7:35 PM posted by: ここなっつ
私は富山県に住んでいます。
被災地の大変な映像が報道される中、
罪悪感すら感じる平和な日常。

節電で少しでも協力をと思っても、周波数の違いで直接的な協力にはならないとのこと。

現地への一般ボランティアも今はまだ募集できる状態にないとのこと。

そんな中現在、東京電力管内で計画停電!?をしてますが、国民の中から自主停電を行うという意見などは挙がらないものかと思ったりもします。

できるだけ多くの人に声かけをして、例えば明日3月15日夜8時から9時までの間、自主停電をしてもらう。

それが、市から県、県から北陸・山陰地方に広がれば少しでも被災地の方々に勇気を与えられるのではないかと思うんだけど、

どうでしょうか?
自己満足なだけでしょうか?

2011/03/17 11:35 AM posted by: ともえ
>ここなっつさん
平和な日常に罪悪感を感じてしまう方、
たくさんおられるのではないかと思っています。

「自分の地域で節電しても、直接的な強力にならない」
そう言う方も沢山おられます。私が住む島根県もそうです。

とある方が
「関係のない地域の方は、節電で浮いたお金を
義援金に回す、と考えたらどうだろうか。節電は悪い事ではないんだから」
と、Twitter上でつぶやいてらっしゃいました。
これを読んで以来、節電を心がけるようになりました。

天皇陛下が「自主停電する」と仰ったと言う話を聞きましたが、
なかなか、「自主停電しよう!」と呼びかける方も、
それに応じる方も、少ないのではないかと思います。

また、「停電」によって会社などの業務が滞る場合があります。
「被災地外の人ができること」記事にも書きましたが、
無事な地域にいて働ける方は、どんどん働くべきだと私は思っています。

「自主停電」を呼びかけるよりも、
「節電」を呼びかけてはどうか、というのが私の考えです。
業務にしろ日常生活にしろ、
「要らない」電気を使っている事が必ずあると思いますので。
(使用していないコンセントを抜くだけでも立派な節電です)

呼びかけの中で、「自分は節電だけでは足りない!自主停電する!」と仰る方は、
その人達の間で行ってもいいと思います。
それだけでも、かなりの電力消費を抑えられるはずです。

市や県・地方規模でその声を広げるのは、無理かなと私は思います。
(あくまで私個人の考えですが)
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

  • 【島根/松江】誕生祝いランチでイングリッシュガーデン内LAUTに行ってきました
    tala (07/22)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。100「わかれのきき・15」
    ともえ (07/13)
  • ナガワ島根営業所での出店、無事終了&動物保護団体PONTさんご紹介
    ともえ (07/13)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。100「わかれのきき・15」
    mariko (07/11)
  • ナガワ島根営業所での出店、無事終了&動物保護団体PONTさんご紹介
    mariko (07/11)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。100「わかれのきき・15」
    ともえ (07/11)
  • ナガワ島根営業所での出店、無事終了&動物保護団体PONTさんご紹介
    ともえ (07/11)
  • ナガワ島根営業所での出店、無事終了&動物保護団体PONTさんご紹介
    ともえ (07/11)
  • 【30代不器用恋愛4コマ漫画】おじさんとねんちゃん。100「わかれのきき・15」
    mariko (07/09)
  • ナガワ島根営業所での出店、無事終了&動物保護団体PONTさんご紹介
    mariko (07/09)

shop/site

【巴李古-palico.-】

【ネコトバ。】

SNS

blog ranking

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM